カテゴリ:MOMO
| ホーム |

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

web拍手 by FC2

--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

ありがとう、ずっと心に・・・

あれから1週間以上が過ぎ。。。
沢山の方にご心配お掛けした事と思います。すいませんでした。m(_ _)m
メールや拍手などで励まして頂きとても嬉しく思っています。

MOMOの事を報告しなければと思いつつ・・・
私自身ただの風邪ですが体調を崩していた事と、後日ご報告しますと書いておきながら
何をどう話せば良いのか悩んでいました。
初七日も過ぎ少し落ち着いてきたので簡単にですがお話したいと思います。

200810181.jpg

MOMOは10月18日(土)午前2時55分静かに息を引き取りました。
享年19歳と11ヵ月でした。

亡くなる週の初め。。。
MOMOの体調が思わしくないと連絡がありました。
食欲が無くオシッコもその場でしてしまい寝たきりの状態になったそうです。

母は何とか食べさせようと。。。
フードを水に溶いて注射器であげていたそうです。
亡くなる数日間は殆ど眠らず3時間おきに・・・

電話ではそこまで切羽詰まった状況だとは思わず・・・
14日の記事は頑張ってという意味を含めたものでした。

前日の夜の電話では。。。
息が辛そうだという事ともう数日の命かもしれないと聞きました。
私は何かあった時の為にと思い、バックに着替えなどを詰め込みました。


18日の朝、訃報を伝える電話。
朝5時前の電話の呼び出し音は心臓を締め付ける様に響きました。

「だめだったよ・・・」母の声が今でも耳に残っています。

MOMOは父と母と弟が見守るなか虹の橋に旅立っていきました。


私がMOMOの死を実感したのは弟の言葉でした。
「MOMO・・・最後まで息をしようと頑張ってたよ・・・」

もう息をする事の無い冷たくなった体に手を当て頬に最後のキスをしました。

200810182.jpg


「MOMOよく頑張ったね。19年間家族でいてくれてありがとう」

「そしてまた逢える時まで・・・」


父母、弟夫婦、そして私達とネオとニナも同行し立会で火葬して頂きました。
今思えば。。。皆が揃うように休日を選んでくれたのかも知れませんね。


肉体は灰になり、もう抱きしめる事も体温を感じる事も叶いませんが・・・
魂は。。。最後まで看病してくれた母の傍にぴったりと寄り添っている気がします。

MOMOの事を忘れない!!私がこれから彼女にしてあげられる唯一の事です。



心配して下さった皆様。。。ありがとうございます。m(_ _)m

いつかはこんな日が来ると覚悟していました。それでもやっぱり辛いです。
少しずつですが気持ちを切り替えていこうと思っています。
いつまでもメソメソしてたらMOMOに怒られますね。

ただ・・・心配なのは母の事です。
母は私が思っていた以上に悲しみが深くどれだけの涙を流したか分かりません。
実家を後にする時も泣くのをひたすら我慢しようとしていました。
母が悲しみから早く立ち直れる事を願うばかりです。

MOMOはお母さん、あなたの傍でいつも、いつまでも見守っていますよ。
MOMOに代わって。。。「お母さん、今まで沢山の愛情を本当に本当にありがとう。」

web拍手 by FC2

スポンサーサイト
23:16 | MOMO | comments (11) | trackbacks (0) | edit | page top↑

お知らせ

先日記事にしたMOMOの事なのですが・・・

今朝、亡くなったと母から電話がありました。

時刻は午前3時頃、眠る様に息を引き取ったそうです。

これから実家に行ってきます。

MOMOに温かい言葉をかけて下さった皆様、本当にありがとう!!

詳しい事は後日ご報告出来ると思います。

※コメント欄は閉じさせて頂きます。すいません。m(_ _)m


web拍手 by FC2

06:11 | MOMO | edit | page top↑

MOMO

老いる事。。。
それは生き物すべてに等しい時間の流れ。。。
この世に生を受けてから、決して止まる事の無い流れ。。。

老いる事。。。
時に喜び笑い、時に壁を乗り越えようともがく。。。
すべてが大切な大切な時間を生きてきた証し。。。

この限られた時間を精一杯生きる。。。命は輝き何よりも美しい。
老いる事は決して悲しい事ではないんです。



と。。。こんな事を考えさせられた今回の帰省。
今日は3つ目にあげた帰省目的。。。実家の猫MOMOの事を記事にしたいと思います。

20081014.jpg

今年20歳(11月)になるMOMO。

夏。。。母から1本の電話がありました。
内容は『MOMOの具合が悪くこの夏を乗り切れるか分からない。』と言うものでした。

数日後。。。
MOMOが回復したよ~との連絡が入り安心しました。

MOMOは3年前の8月に発作を起こし、生死の境をさ迷いました。
その時の記事はこちら⇒『MOMOの記事』

200810142.jpg

MOMOに逢った時。。。正直ショックでした。
歳老いた体はやせ細り、撫でるとごつごつと骨があたります。

「MOMO・・・また痩せちゃったね。」

200810143.jpg

「にゃみ?ちゃんと生きてるにゃ。」

母は食の細くなったMOMOに1日数回少量ずつ食事をあげています。
↓↓↓その様子を動画でご覧下さい。(注意:音が出ます。)
※再生ボタンクリックで動画再生します。



最近はこうやってあげないと食べないそうです。
脳に出来た腫瘍をこれ以上大きくしない薬と発作を抑える薬を入れ
栄養価の高いフードを水を入れて練りこんでから食べさせる。。。

ご飯を食べさせるのに15分。準備を入れたら30分近く掛かります。
食べた後はシッコ。。。これを1日数回!!薬は1日2回を3年間続けています。
本当に母には頭が下がります。m(_ _)m

昔は動物が苦手で触る事すら出来なかった母。
鳥が肩に乗っただけで石の様に固まる人でした。(笑)
これも深い愛情の力なんでしょうね。

食事の始めから撮った動画は15分。。。編集が大変だったそうな?・・・(汗)
ちなみに動画の編集担当ニナぱぱでした~(* ̄m ̄)ぷっ!!


MOMOとは暮らした事の無いニナぱぱも可愛がってくれます。
4コマ漫画風にご紹介。。。5コマだけど・・・(苦笑)

200810144.jpg

200810145.jpg

200810146.jpg

200810147.jpg

200810148.jpg

愛情は時にスルーされる事も。。。それでも良いじゃない。(^艸^*)
※MOMOのママは実家の母の事です。私は姉かな?ニナぱぱは義兄???

愛する子達は私達より早い時間の流れの中で生きています。
この時間を沢山の愛情で埋めてあげたい!!それだけですよね。



最後まで読んで頂きありがとうございましたw
このところバタバタしていて訪問がまた遅れ気味です。(*_ _)人ゴメンナサイ
イベントもあったんだけど・・・忘れた頃の更新になると思います。
。。。ってか、既になってるしね~ヾ(;´▽`A``アセアセ

ネオ&ニナを他のブログ様で見かける事もあるでしょう。(笑)
ここは皆が忘れた頃に強制的に思い出させる『思い出再インストールブログ』って感じでw

↑何を言ってるんだか?って呆れちった???。。。ヾ(^▽^)マタネー!!


※応援の1票。。。気が向いたらお願いしますw
   
     この絵をポチッ とヽ (^◇^*)/ありがとう!

携帯の方は↓を気が向いたらねw
【携帯ポチッありがとう】

web拍手 by FC2

18:38 | MOMO | comments (14) | trackbacks (0) | edit | page top↑

病気に負けないで・・・

その子は、実家に居るニャンコ!
私が結婚し、新潟に来る時。。。。。実家に残して来た子です。

残してきた理由は。。。
高齢だったのと、「寂しくなるから連れて行くな」 との意見があった為。
母が世話してくれてるので、私にとっては妹の様な存在かな。

20084161.jpg
名前は『MOMO』(もも)  MIX猫のおばあちゃんです。

20084162.jpg
1988年11月11日生まれ♪(日付は不明なので覚え易い様に)
今年の誕生日で20歳です。高校の時の友人宅から家に来ました。

20084163.jpg
この子は約2年半前の8月に1度、生死の境をさまよいました。

それは突然の事!
母から電話があり、MOMOの様子がおかしいという事でした。
その時、ネオぱぱが東京に単身赴任中で、そこを訪れる予定だった私達(ネオ他)
実家も近かったので、すぐに行ってみました。

MOMOは、いつもと変わらない様子。。。すると「カッカッ…」とおかしな声!!
体を硬直させ、よだれを出し、オシッコをもらしながら痙攣発作をおこしたのです。

母は涙を浮かべながら・・・「どうすればいい?」と聞いてきます。
私は、動物病院に勤めていたからと言って、医者ではありません。
ただ。。。これは大変だ! という事は分ります。
すぐに、近くの病院に連れて行きました。

動物病院の先生の話は。。。
おそらく、脳に腫瘍ができています。老猫には多く髄膜種といいます。
詳しい検査も、手術も年齢的にお勧めできません。
薬で治療しましょう。。。。その日は薬をもらい帰宅。

数日後。。。
一度は治まってきたと思われた発作が、また頻繁におきる様になりました。
すぐに病院に連れて行くと・・・薬が吸収できていない。
かなり衰弱しているからと、その日は入院になりました。
次の日病院に行くと、点滴をしているMOMOを見て・・・
母はまた涙を浮かべ 「MOMO・・・・・・」とつぶやきます。

先生は、この先の事ですが・・・と話を続けます。
病気を治す事は出来ませんが、薬で進行を遅らせる事は出来ると思います。
しかし薬が必ず効く、という保障はありません。
それに毎日の看護と、もちろん費用も掛かります。
安楽死も選択肢の一つです。どうしますか?
意識も無く、ぐったりしているMOMO、疲れきっている母を見ての言葉でした。

「今、苦しいんでしょうか?」私は先生に聞きました。
先生は「発作が起きている時は、おそらく意識が無く、苦しいとは感じて無いと思います。」

私はずっとここには居れない・・・母の決断にまかせようと思っていました。

「治療して下さい。お願いします。」。。。母はそう答えました。

もう1日入院し帰宅、まだ意識がハッキリせず、ぐったりしています。
「もし何かあったら」と、緊急で診てくれる病院、先生の携帯番号を教えてもらいました。
ああ。。きっとこれ以上入院させるより、家でって事なんだろうと、その時は思いました。

朝起きると、MOMOが冷たくなっているんじゃないか・・・長く眠れない夜が続きます。
MOMOの事もそうですが、このところ、ろくに寝ていない母の事が心配でした。

。。。。悲しい朝は、来ませんでした。MOMOの生命力の方が強かったのです。
当初ほど頻繁ではないが、まだ発作はおきます。
また薬が効いてないのかも・・・発作が起きてはヨロヨロとし寝たきりです。

先生に状況を説明したところ。。。「注射は出来ますか?」
絶対に諦めるものかと思っていたので 「はい、やってみます」 と答えました。
先生に注射のやり方を教わり、始めは私が注射していましたが・・・
ずっと実家に居れたらいいけど・・・そうもいかないので、母にやり方を教えました。

注射をする様になったら、嘘の様に発作が無くなったのです。
母が注射を1日2回。。。これが2ヶ月続きました。

それからは、薬を1日2回。。。現在も続いています。

実家に電話をすると、受話器の向こうから「んなぁ~」とMOMOの声が聞こえてきます。

病院の先生「よくここまで、元気になったね。こっちがビックリですよ」(笑)だって。。。

※MOMOを助ける為、父や弟夫婦、ネオぱぱも色々と協力してくれました。


20084164.jpg
誰に命を救われたのか。。。ちゃんと分っているんでしょう。
母の姿ばかりを探すMOMOです。

20084166.jpg
ちなみに母は、MOMOが来るまで動物が苦手で、鳥が肩にとまっただけで固まる人でした。
血を見てもすぐに倒れそうになるのに、よく注射できたな? と感心します。
『助けたい』という気持ちからでしょうが、本当に頭が下がります。

MOMO。。。。これからも1日でも長く生きてね。


※週末、両親が遊びに来た時、弟夫婦がMOMOの世話をしてくれました。
  ありがとうございましたw


長文。。。最後まで読んで頂きありがとうございましたw
 また明日。。。ヾ(@^▽^@)ノ~~~~~~~~~


※応援の1票。。。お願いしますw
   
↑↑↑↑↑ プチッとね(^艸^*)





web拍手 by FC2

22:28 | MOMO | comments (4) | trackbacks (0) | edit | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。