2008年 04月
04 | 2008/04 | 05

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

web拍手 by FC2

--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

ハスキーのキング

今日は、トリマー時代に埼玉のK動物病院で働いていた頃の、お話です。
トリマーと言っても、そこでの主な仕事は病気の子のお世話でした。

ある朝、いつもの様に病院の鍵を開け入院室のドアを開けると。。。
ネオまま「おはよう・・・ん?」
昨日までは居なかった、大きく綺麗な顔立ちの若いハスキーがじっとこちらを見ています。
その子の名前は【キング】。。。

先生によると。。。
昨晩、事故に遭って・・・脊髄損傷緊急手術をしたとの事。
近くの病院の先生も助っ人として呼んでの大手術、骨折箇所にボルトを入れたり
かなりの重症だったそうです。

きっと飼主さん心を痛めているだろうなぁ
自分のせいで・・・と、後悔し自らを責めてなきゃ良いけど・・・

キングはまだ、自分に何が起こったのか理解していないのでしょうか?
とても不安そうに、大人しくしていました。
ネオまま「ちょっと、ごめんね~お掃除するからねw」
汚れたタオルとケージのお掃除、それからご飯の用意!
入院患者さんのお世話をしている間中、ジ~ッと私を見ています。

1日2日3日。。。
キングは病院にも慣れて食欲もあり、日に日に回復していってる感じでした。
ネオまま「飼主さん、来ないねぇ どうしたんだろう?」
キング「きっと忙しいんだよ~早く良くならなきゃ僕!」
そう、言ってる様でした。

キングは、手術の傷も痛々しく・・・後ろ足が動かなくなっていました。
おしっこも垂れ流しなので、お掃除は欠かせません。
寝返りもうてないので、床ずれにならない様に、体を動かしてあげます。
汚れたところは、アルコール殺菌液で拭いてあげるのですが。。。

ある日、いつもの様に体を拭いてあげて、ケージに戻す時に。。。
ネオまま「キング、ちょっと先生呼んで来るから待っててねw」
(大型犬なので、ケージからの出入れの時は先生に手伝ってもらってました)

キュ~ン。。。いつも大人しいキングが甘えた声を出したんです。

キング「行かないで、僕を一人にしないで・・・」
そう言ってるみたいで。。。
動かない後ろ足の代わりに、前足を使かって必死について来ようとします。
ネオまま「あ、ダメだよ! まだ無理しちゃ」
すぐに駆け寄り。。。しばらくの間、膝に頭を乗せ、なでてあげました。

。。。。飼主さんがやっと来てくれました。
飼主「先生、金ならいくらでも出せるから、最高の治療してやってくれ」
上機嫌の飼主さん。。。先生と、今後の治療とリハビリの話をした後。。。
ネオまま「キングに会っていかれないんですか?」
飼主「あ~忙しいんだ。宜しくたのむよ」
キングには面会せずに帰ってしまわれました。
(ん?なんか変だな?)とその時、思いました。

数日後、いつもの様にキングの体を綺麗にし、足のマッサージ中w
あの飼主と先生が言い争っている声が、入院室にも聞こえてきました。

飼主「だから、安楽死してくれって言ってんだろ!」
先生「リハビリすれば歩ける位には回復します。安楽死なんて出来ません。」
飼主「金かかると困るんだよ。種牡として使えなきゃ意味ないし」
先生「それでも安楽死なんて出来ません」
飼主「俺の犬なんだから、どうしようと俺のかってだろ、面倒なんだよ」
先生「命をなんだと思ってんだ。帰れ!」
飼主「もういいよ! 他の病院でやってもらうから」

そして、入院室のドアが バーーーン!と開き。。。
飼主「どけ!連れて帰る」
。。。。。キングを無理やり抱えていきました。

ネオまま「ま、待って下さい。今日のお薬が・・・」
飼主「んなもん。飲むか!」
ネオまま「いい子だから、ちゃんと飲みます」

抱えられたキングに手を延ばし、キングはちゃんと薬を飲んでくれました。

ネオまま「ほら、飲みましたよ・・・これ1週間分の薬です」
飼主「そんなもん、いるか!」

無理やり手に渡そうとしたけれど・・・受け取ってもらえず・・・
車の中に、薬袋を投げ入れました。
そして。。。ドアが閉まり、車は走り去って行きました。

先生「塩まけ塩!!」
いつもは、穏やかな先生が本気で怒っていました。

なんでも。。。。
飼主は、事故した相手の方から、賠償金をぶんだくってやるつもりが・・・
事故の状況が。。。夕方、大型犬に細いリードをつけて、散歩中
カミナリの音に驚いた犬が走り出し、リードを放したところ、事故に遭ってしまった為
飼主側に責任があるとの事で、お金が1円も入らなくなったらしい・・・
もちろん、手術代&入院費も踏み倒しです。

キングはあの後、どうなったのか。。。。
あの時、キングを渡さなければよかった・・・
今でも、キングの事を思い出すと涙がでて・・・自分の無力さを思い知らされます。

あんな飼主に尻尾を振って、迎えに来てくれた事を喜んでいたキング・・・


どうか皆さん、自分の家にやってきた【運命の子】を沢山×2愛してあげて下さい。
そして。。。いつか【虹の橋】を渡る時に 「この家の子で幸せだった」
と思ってもらえる様に・・・・


LoveLove
今日は、画像が無いので・・・おまけのネオ&ニナ『ラブラブショット』です(^艸^*)


最後まで読んで頂きありがとうございましたw
それでは、また明日。。。ヾ(@^▽^@)ノ~~~~~~~~~



応援ありがとうございます。


web拍手 by FC2

スポンサーサイト
17:13 | トリマー時代 | comments (6) | trackbacks (0) | edit | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。