スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

web拍手 by FC2

--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

ありがとう、ずっと心に・・・

あれから1週間以上が過ぎ。。。
沢山の方にご心配お掛けした事と思います。すいませんでした。m(_ _)m
メールや拍手などで励まして頂きとても嬉しく思っています。

MOMOの事を報告しなければと思いつつ・・・
私自身ただの風邪ですが体調を崩していた事と、後日ご報告しますと書いておきながら
何をどう話せば良いのか悩んでいました。
初七日も過ぎ少し落ち着いてきたので簡単にですがお話したいと思います。

200810181.jpg

MOMOは10月18日(土)午前2時55分静かに息を引き取りました。
享年19歳と11ヵ月でした。

亡くなる週の初め。。。
MOMOの体調が思わしくないと連絡がありました。
食欲が無くオシッコもその場でしてしまい寝たきりの状態になったそうです。

母は何とか食べさせようと。。。
フードを水に溶いて注射器であげていたそうです。
亡くなる数日間は殆ど眠らず3時間おきに・・・

電話ではそこまで切羽詰まった状況だとは思わず・・・
14日の記事は頑張ってという意味を含めたものでした。

前日の夜の電話では。。。
息が辛そうだという事ともう数日の命かもしれないと聞きました。
私は何かあった時の為にと思い、バックに着替えなどを詰め込みました。


18日の朝、訃報を伝える電話。
朝5時前の電話の呼び出し音は心臓を締め付ける様に響きました。

「だめだったよ・・・」母の声が今でも耳に残っています。

MOMOは父と母と弟が見守るなか虹の橋に旅立っていきました。


私がMOMOの死を実感したのは弟の言葉でした。
「MOMO・・・最後まで息をしようと頑張ってたよ・・・」

もう息をする事の無い冷たくなった体に手を当て頬に最後のキスをしました。

200810182.jpg


「MOMOよく頑張ったね。19年間家族でいてくれてありがとう」

「そしてまた逢える時まで・・・」


父母、弟夫婦、そして私達とネオとニナも同行し立会で火葬して頂きました。
今思えば。。。皆が揃うように休日を選んでくれたのかも知れませんね。


肉体は灰になり、もう抱きしめる事も体温を感じる事も叶いませんが・・・
魂は。。。最後まで看病してくれた母の傍にぴったりと寄り添っている気がします。

MOMOの事を忘れない!!私がこれから彼女にしてあげられる唯一の事です。



心配して下さった皆様。。。ありがとうございます。m(_ _)m

いつかはこんな日が来ると覚悟していました。それでもやっぱり辛いです。
少しずつですが気持ちを切り替えていこうと思っています。
いつまでもメソメソしてたらMOMOに怒られますね。

ただ・・・心配なのは母の事です。
母は私が思っていた以上に悲しみが深くどれだけの涙を流したか分かりません。
実家を後にする時も泣くのをひたすら我慢しようとしていました。
母が悲しみから早く立ち直れる事を願うばかりです。

MOMOはお母さん、あなたの傍でいつも、いつまでも見守っていますよ。
MOMOに代わって。。。「お母さん、今まで沢山の愛情を本当に本当にありがとう。」
スポンサーサイト

web拍手 by FC2

23:16 | MOMO | comments (11) | trackbacks (0) | edit | page top↑
近況報告。 | top | お知らせ

comments

# みんなを見守っていますよ
こんばんは、蘭夜雫です

皆様のお気持ち、よく分かります。
失うと言うことは、いつか来ると分かっていても、受け入れがたいものです。

時間が経っても、その想いが無くなることはありません。
思い出せば胸が痛み苦しくなり涙が出ます。
未だに癒えることはありません。

それでも、いつかは受け入れられる日が来ます。
その区切りがいつになるかはそれぞれだと思いますが、
その日がくるのを、MOMOちゃんは空の上から見守っているでしょう。
ずっと側にいてくれます。
どんな形になっても、愛をくれた人の所を離れたりはしません。
だから、私は今もシェリルがそこにいると思って、写真に話しかけます。
そうすることで、自分の中でいないと言う現実を受け入れることが出来ました。
でも、そこにいる。そう思うだけで、安心します。

いないけど、そこにいる。
見えないけど、自分を見てくれている。
だから、心配をかけないように元気にならなくちゃね。
そう思えた時に、たぶん前を見ることが出来るのだと思います。

みんなに幸せな思い出をたくさんくれて、ありがとうね。
優しい気持ちにさせてくれてありがとうね。
MOMOちゃんのご冥福を、お祈りいたします。
kayanaさん | 2008/10/28 23:38 | URL [編集] | page top↑
#
MOMOちゃん、幸せに旅立ったのですね。

長い間一緒に暮らした家族だからこそ、そこに居るのが当たり前の存在になり、お互いが必要とする。
もう少しで20歳だったけど、大切な人と最後まで一緒にいられてMOMOちゃん精一杯一生を楽しんだんじゃないかな。
家族みんなで最後を見送ってあげられる事、とても幸せな事だと思います。
ご家族みんなの心の中にしっかりMOMOちゃんの存在を残しながら、ちょっと先に虹の橋でゆっくりしていてくれるでしょう。

お母さん、本当にMOMOちゃんは嬉しかったと思います。
きっと満足して心満たされていたんじゃないでしょうか。。。

何て言えばいいのかうまく言えませんが、きっとMOMOちゃんがご家族に幸せもたらしてくれますよ!
MOMOちゃんのご冥福を、心よりお祈りいたします。
かもねぎさん | 2008/10/29 00:45 | URL [編集] | page top↑
#
ネオままさん、更新有難うございます。
MOMOちゃんの事を思い出しながら記事にするのはとてもお辛かったと思います。

でも、20歳のお誕生日を目前にご家族に見守られて虹の橋を渡って行ったMOMOちゃんは
とても幸せだったと思いますよ。

お母様も暫くはお辛いと思いますがMOMOちゃんはとても感謝していると思います。
きっといつか笑顔でMOMOちゃんの思い出話ができる日が来ると思います。

殿と姫も火葬に立ち会ったのですね。
きっと「ままのことよろしく頼むにゃ~」っていう声が
聞こえたのではないのかしら?

最後のお母様へのメッセージ、とても素敵ですね。
MOMOちゃんはいつまでもご家族のこと見守ってくれると思います。

MOMOちゃん、ネオままさんの家族になれて良かったね!
どうか安らかにお眠り下さい。



わたしさん | 2008/10/29 09:42 | URL [編集] | page top↑
# ご冥福をお祈りします。
どんな言葉も悲しみを癒すには足りないとは思うけど、MOMOちゃんは幸せだっと思う。
時間が薬となって、お母さんやネオままさん達にまた笑顔が戻る日を待ってるし、沢山応援してるよ。
黒ちゃんさん | 2008/10/29 13:28 | URL [編集] | page top↑
#
文章にすると、余計に涙が出ちゃいますよね。
それなのに更新してくださってありがとうございます。
MOMOちゃん、大好きなお母さんに見守られての旅立ち、幸せな旅立ちだったと思います・・・
寝ずの看病をしてくださったお母さんに、「ありがとう!」って言っていることでしょう。
だからお母さん。
泣くだけ泣いたら、また笑顔でMOMOちゃんの思い出話をしてあげてくださいね!
takさん | 2008/10/29 22:36 | URL [編集] | page top↑
#
思い出すだけでもお辛いでしょうに・・・
言葉にするのはもっともっとお辛かったことと思います。
それなのに更新してくださって・・・
ネオままさん、ありがとう。

MOMOちゃん、大好きなお母様がずっとそばにいてくれて
ご家族皆さんに見守られて旅立つことができて
とても幸せだったって感謝していると思います。

どんなに言葉を重ねても悲しみを癒すことはできないと思いますが・・・
ご家族に素敵な思い出をたくさん残してくれたMOMOちゃんは
逆にご家族からの温かい愛情をいっぱい受けて
いつも嬉しく思っていたはずです。

今はいっぱいいっぱい泣いてしまっても
時間とともにご家族に笑顔が戻ってくることを
MOMOちゃんが一番願っていると思います。

MOMOちゃんのご冥福をお祈りいたします。
やよさん | 2008/10/29 23:12 | URL [編集] | page top↑
# MOMOちゃんありがとう
MOMOちゃん、二十歳のお誕生日は迎えられなかったけれど、
こんなにも長い間、愛情をいっぱいいっぱいもらって、幸せな一生だったね。
そして最後は大好きな家族に見守られて、
きっと安心して、眠りにつけたことと思います。

世の中のニャンコやワンコがみんな、
MOMOちゃんみたいに幸せな一生が過ごせたらいいのにな、
そんな風に思ってしまいました。

今は悲しみばかりだと思いますが、
お母様やネオままさんが、笑顔でMOMOちゃんの思い出話が出来る日がきますように。
MOMOちゃんもきっと、お空の上から見守りながら、
家族の皆に笑顔が戻る日を待っているんじゃないかな。
 
MOMOちゃん、安らかに。  


mikiさん | 2008/10/29 23:17 | URL [編集] | page top↑
#
いつかはこういう日がくると、覚悟はしているものの
淋しい・・・ほんとうに悲しいことですよね!

でも、なによりも
家族が揃って見送れたことが良かったと・・・
後々も、そのことには満足するとおもいますよ。
お母様!心配ですね・・・
でも、時間が気持ちを癒してくれるでしょう。

ネオままさん!
ネオ君、ニナちゃんのためにも
早く元気になられてくださいね!


フェンディママさん | 2008/10/30 14:59 | URL [編集] | page top↑
# 心の中にはずっと
いつか来るとは思っていても、受け止めるのは大変ですよね。
涙が溢れて止まりませんでした。
動物を飼うというのは、死を受け止めることもセットになっているはずなのに、なるべく考えないようにしてしまいます。
MOMOちゃんは、最後まで本当に手を尽くしてもらって、幸せでしたね。
みんなに揃ってもらえるなんて、本当に幸せです。
でも生活の中で存在を失ったお母様は何を見ても思い出して涙が溢れますよね。たくさん涙を流さないと整理ができないのかもしれません。泣きたいときは無理をせずに偲んで泣いてあげることもお母様の回復には必要かもしれませんね。
MOMOちゃんは心の中にはいつまでもいてくれますよね。しんどい中、更新してくれはって、ありがとうございました。
ウルトラパピのママさん | 2008/10/31 13:33 | URL [編集] | page top↑
# ありがとう。
皆さまの心のこもったコメントを1つ1つ読み、また涙しています。
それは、悲しいと言うものでは無く・・・
温かい心を寄せて頂いた感謝と嬉しさなんだと思います。
1つ1つにお返事を書きたいと思っていますが、まだ読むと胸がいっぱいになってしまいます。
もう少し時間を下さいね。必ずお返事書きます。
本当にありがとうございました。
いつか母にも皆さまの心を伝えられたらと思っております。

お返事が遅れます事、大変申し訳ありません。m(_ _)m

ネオままさん | 2008/11/05 21:17 | URL [編集] | page top↑
# お返事です。
沢山の心のこもったコメントありがとうございました。
お返事が大変遅くなりすいませんでした。m(_ _)m

*蘭夜雫さんへ*
あれから1ヵ月以上が過ぎました。色々とMOMOの来た当初の事などを思い出し沢山の涙を流し、今は落ち着いています。
いつかはこんな日が来る事は分かっていたのに・・・こんなに辛いなんて。
MOMOと離れて暮らす様になってから8年近くになりますが、母の落ち込み様を見ていると無理にでも連れて来れば良かったかな?とも思いました。
でも母が傍に居たからこそ病気になっても頑張れたんだと思います。
蘭夜雫さんもシェリルちゃんの事を思い出して辛かったと思うのにコメントありがとう。
その優しい気持ちが嬉しくてまた涙しました。
MOMOの事を笑顔で話せる日がいつかきっと来ますよね。母にもきっとね。


*かもねぎさんへ*
あのオフ会があった時に実家に帰ったのが、MOMOに会った最後になってしまいました。
今思えばあの時オフ会が無ければニナの具合を考え帰省を止めていたかも知れません。
どうしても行きたかったのは何か予感があったのかな?と思います。
看取る事は出来なかったけど旅立つ前に会えて本当に良かったと思います。
MOMOの動画を撮ったのも最初で最後でした。
いつか母と笑顔でこの動画が見れたら良いなと思います。
これからもMOMOはきっと母や家族の幸せを見守ってくれていますよね。


*わたしさんへ*
MOMOの火葬に立ち会ったネオとニナは不思議な位とても大人しくしていました。
最後のお別れをする時もMOMOの顔に顔を近づけて少し寂しそうな表情でした。
みんなが泣いてるからきっと分かったんでしょうね。
成人式は迎えられなかったけど、病気で安楽死を提案されてから3年も頑張ってくれました。
母の介護のおかげで大往生だったと思います。
父も「大往生なんだから喜んであげなきゃ」と泣いた後に言っていました。
これからもずっと家族の心の中でMOMOは生き続けていくと思います。


*黒ちゃんへ*
黒ちゃんの優しさにはいつも助けられてばかりだね。ありがとう。
MOMOは3年前に獣医さんから安楽死を提案された時に「安楽死させなければ苦しむんでしょうか?」と聞いたの。
答えは「薬を毎日飲み続けなければいけないけど苦しむ事は無いと思います。」だったのね。
あれから3年、あの時の選択は正しかったと思います。安らかな最期でした。
たとえ病気じゃ無かったとしても19歳は大往生だもんね。
悲しんでばかりじゃMOMOが心配するし、大丈夫だよ。


*takさんへ*
確かに文章にすると色々と思い出して辛くなります。
ただ心配してくださった皆様に何も言わず、お休みするのは心苦しくって・・・
優しい方達ばかりなので、もっと心配掛けるんじゃないか?って思ったんです。
家族皆でいっぱい涙は流したから、今度は笑顔でMOMOの思い出話をしようと思います。
きっとその方がMOMOも喜びますよね。
MOMOとそして看病してくれた母に、もちろんお友達の皆さまにも感謝の気持ちでいっぱいです。


*やよさんへ*
亡くした時に想う事はやっぱり『この子は幸せだっただろうか?』でした。
今まで記憶の隅にあったものが鮮明に思い出されます。
思い出すと辛くもあり懐かしくもあります。
色んな感情が溢れて・・・そして・・・
『大丈夫、この子の事を私は絶対に忘れる事は無い!!』そう思いました。
少しずつ時間が悲しみを癒してくれています。
今はまだ涙する事もあるけど、いつか優しく笑顔でMOMOの事を話せる日が来ますよね。


*mikiさんへ*
世の中には辛く悲しい想いをしてる子は沢山いますよね。
犬や猫は飼い主さんで運命が決まると言っても過言じゃないと思います。
MOMOは幸せだったかな?色々な想いが溢れてきます。
愛情は注いでも注いでも足りない気がするんです。どうしてかな?目には見えないからかしら?
でも、愛情が信頼という形でかえってくると嬉しいですよね。
すべての子に愛情が注がれる・・・そんな世の中になるといいなと私も心から思います。
その為にも今目の前にいる子に、たっぷりの愛情を注ごうと思います。
もちろんMOMOへの愛情も忘れずにね。


*フェンディママさんへ*
寂しさや悲しみを1番重く感じているのは最後まで看病していた母です。
私はネオやニナ、そしてサクラやミュウも傍にいてずっと泣いている訳にはいかないので救われますが、母はMOMOの居ない寂しさを何をしていても感じていると思います。
母の事を想うとなんて言葉をかけて良いか分からなくなります。
時間が癒してくれるのを待つしかないと思います。
母が泣きながら「自分でもこんな風になるとは思っていなかった」と言っていました。
覚悟をしていたからって悲しみや寂しさが和らぐ事は決して無いんですよね。


*ウルトラパピのママさんへ*
犬や猫と生活を始める時は最後のお別れの日まで愛してあげようと誓って家族になりますよね。
お別れの日がいつか来る事はその時に覚悟しているはずなのに、こんなに辛いとは思いませんでした。
最後の一瞬まで看病していた母の悲しみの深さはどれだけのものなのか・・・
溢れる涙を我慢しようとしている姿が痛々しかったです。
少しずつ少しずつ時間が癒してくれています。
MOMOの思い出話が家族の笑い声と共に出来る日がいつかきっと来ますよね。
ネオままさん | 2008/12/08 16:20 | URL [編集] | page top↑

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://neo705nina228.blog74.fc2.com/tb.php/133-850a8804
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。